FC2ブログ
111234567891011121314151617181920212223242526272829303101

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無-8

廊下で先生の言うことでは・・
「意識があるのも、あと1日か2日だと思いますよ・・」

その先はわからない・・意識がなくなったとしても
なにも口にしなくても、直ぐ亡くなるわけでもない。
ただお腹の動脈瘤がはじければ。。即死につながる

少しでも長い間ついていよう・・と言っても
お互い仕事もあり、時間のやりくりはつけているが
続けて何日も休めるわけではない。

私も仕事が終わってから来て、なんとなく・・って時は
個室だったからソファーで寝て、朝間に合うように仕事に出る
そんな時も何回かあった。
その前も泊まったのと、夕方いちみりが「インフルになった」
連絡が入ったため家に帰るつもりだった。

お兄ちゃんに連絡して、いちみりを頼み泊まることにする。

姉もぎりぎりまでいる事とし、とりあえずご飯を食べよう・・。

薄情かと思われるが、そこまで切迫した状態とも思えず
「少しご飯食べてくるわ。」と言ったところ
手をあげ待てとばかりに。。。「みず~」

はいはい、とベットをあげ吸い飲みで ひとくち、ふたくち・・みくち
少しむせる。

いつもみくち目に少しむせ、咳をする・・数日わかっていたことだけど
もっと飲みたいの要求もいつもの事でみくちまで。。が定番となっていた。

だけど、咳だした。。あと、息が浅くなった。
チューブを使ってもらったが、なにもでるものもなく
食事どころでなく。。。見守った。
そんな時 意識がなくなるかもと姉が呼んだ 姪っ子たちが来た。

みんなでメイメイ声をかけながら、それでも 数値的に悪くなることもなく
息苦しそうな感じながら、目もしっかりしてるので
次の日の仕事のある姪っ子たちを送りがてら、まだの晩御飯の
弁当を買いにでた。

弁当屋で姪っ子に姉から電話「今 どこにいるの?」「弁当屋」
それ以上は何も言わなかったらしいけど、早く帰らないと・・

急いで車を走らせてると再度 電話
「今 どこにいるの?」「○○のへん」ブチッ

こりゃあかん・・・焦って駐車場に止め 走りかけて
車に忘れ物に気づき、姪っ子たちに先にいかせ
一歩出遅れた分、エレベーターは当然上の階にいるわけで
階段をかけあがり部屋につくと・・

「ばぁちゃん、○○きたよ」「ずっと待ってたよ」と・・

「待っててくれた。。ありがとう。
 もういいよ、もう頑張らなくていいよ」
そう声をかけながら 顔にふれ 頭をなで
一分もあっただろうか・・・息をひきとった。

弁当屋に電話があった頃から 息が弱くなり
ずっと姉が 「○○子が戻るまで 逝ったらだめだよ」
「ちゃんと息して、吸ってはいて」
最後には 「口をあぶあぶしなさい」(子供相手の仕事なんで、そんな言葉がでるのであろう)

それでも、言われると母は口をぱくぱくさせた。
鼻からの酸素があったので、そのぱくぱくだけでも
酸素がいっていたのであろう。

まったく、最後の最後まで頑張った母で、最期の最後まで
手間をかけさせる娘であった。

誤嚥から。。なんだという思いはあります
もしお水を飲ませてなかったら。。。(私が飲ませた)

でも、その前から姉と決めていたことは
誤嚥したとしても、飲みたいと言えば飲ませたい。
(どんな形であれ、そんなに長くもたないことはわかってたので)

そして、たぶん(勝手な推測といわれるかもしれませんが)
母が自分でその時を選んだのかもしれない・・と。

姉は励ます意味もあるし、どうしてもはずせない仕事が或る時には
この日はどうしても出ないといけないから、しっかりしてるんだよ。。
なんて声をかけ、母も姉の仕事を理解してたし
(現にその日の午前中は姉が抜けたら大変だったらしく
 通夜に来てくれた人たちが ありがとうございましたと祈らせてもらったと(笑)

そして、姉もいて、私もいて孫たちもいて(全部じゃないけど)
入退院を繰り返しだして,2年弱。

思うように動けなくなってからだと3年・・・位かな。

とても痩せてしまったけど、亡くなってからの顔は
元の色白の母に戻り、とても穏やかな ほんとに眠ってるような
顔に戻りました。

私は一旦家に戻ったので立ち会えませんでしたが
湯かんの時の顔は、ほんとに気持ちよさそうだったと。


昨日忌明け法要まで済ませました。
1月から3月・・・仕事の忙しい時期とも重なり
何がなんだか・・で、あっという間に過ぎました。

それでも、どちらも80年の生きてきた。。その後の整理。
親戚がらみも含め、まだ動かないといけないこともそれぞれあり

。。。ですね。

覚書をこんなところに・・ってのも失礼かと思いますが
自分の気持ちの整理も含めってことですみませんねぇ

スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

top↑

comment

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top↑

プロフィール

つぐみ

Author:つぐみ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。