FC2ブログ
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無-5.

一時期は膿を抜くための管と袋が付き
身体からみっつの袋をつなげることとなったが
これも無事成功。
それでも体力も落ち、とにかく食べたいものを食べさせることを
重要視し、食べたいと言えば姉が走り回ってでも買ってきた。

一度にたくさん食べられないので
ちいさなせんべいを口に含んでたり
栄養価を考えプリンを食べていたんだけど・・

12月に胃拡張となり、お腹がぱんぱんになった。
鼻からチューブを通し胃液をだす処置をしていたら
・・・・脈拍200・・・・・
先生から呼び出され 「逢わせたい人がいたら・・・」

ピーピー鳴りっぱなしのアラームの中で
とりあえず、一番近く妹である叔母と従妹に
軽い感じで「時間があったら顔をだしてやってね」と連絡

そして。。数時間である程度までは落ち着き
三日ほどで管がはずれるまでに回復
この時点でも 先生は「すごい生命力だ」と一言。

また一週間ほど飲まず、食わずで過ごしたので、さらに痩せ
水分から始まり、またやわらかいご飯なら食べられるようになった。

そして年が明け、80歳の誕生日を迎える。
昔の子宮がんから46年。
自分でも80まで生きられるとも思ってなかっただろう。
お誕生日にはケーキを少し、姉が食べさせてくれた。


スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

top↑

comment

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top↑

プロフィール

つぐみ

Author:つぐみ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。