FC2ブログ
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご無沙汰です・・

いまだに日々忙しく。。
この時期 喪中のハガキが届くわけで
忙しさにかまけ だんだん疎遠になりつつ年賀状のみの付き合いになってきてる友人から
2通の訃報が届きました

両親・・ではなく同年の友人の嫁。。とご主人
まだまだ早すぎるとかなりのショックです

自分も時間の余裕もなく月曜日から土曜日まで仕事
会計事務所にもたまに夜も行くわけで
日曜日は実家に顔を出し じいちゃんの病院に行けば一日終わり

さすがに先日 建築やで毎度の奥さんの愚痴を聞いてたら
ついつい ぶちきれまして・・・
「私だって やめたい!!!
 家だってもうむちゃくちゃになってる!!!」
その場では 「じゃぁ 仕事減らすように 新しい補助の人を入れるから・・」
社長にまで了解をとったのに
数時間後には 「私ができるだけ頑張るから たまにお昼から休んでいいから」
「あの仕事はおじさんにやらせるようにするから」

ヽ( ´ー`)ノフッ
毎度 そうなるんですよねぇ~
そして結局やらなくて私の仕事が減るわけでもなく
また「私も忙しいから」って逃げるんですね~
何度繰り返したらわかるんでしょうね????

でも 先週遅くにじいちゃんのところにいったら
ちょうどご飯の時間で・・・
部屋の他の人は 鼻からチューブでの食事になってます
じぃちゃんは車椅子に座って やわらかいご飯をスプーンで食べます
(のりみたいなご飯だけど。。一応ご飯 おかず別盛りになってます)
だけど できるだけ自分で・・とスプーンを口に運ぶけど
なかなかうまく食べることもできないし
ある程度のところで ヘルパーさんが食べさせてくれるのだけど
ヘルパーさんだって ひとりにだけかまっていられません

時間がないから仕方ないけど・・・・
ひとつの器に 全部まぜこんでそのお皿とスプーンを持ちます・・

じゃぁ自宅で介護すれば??と言われれば 無理だと思う・・
でも一回でも多く普通に食べさせてあげたい
毎日通えるわけでもないけど ボケてわかんないわけじゃないです

友人の死と 今生きてる自分と 育ててくれた両親と
ちょっと頭がぐちゃぐちゃになってきます

そんな年代なんでしょうね

スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

top↑

comment

そこの病院はリハビリなどの施設も完備しているのかな。

ご自分で口から栄養が取れるのなら、毎日のリハビリ運動も大切かと思うのだけど。

ヘルパーさんが一人の患者さんだけにかまっていられないというのは病院付けのヘルパーさんってことなんだね。病室から病室に走り回っているヘルパーさんなのかと思いました。

今のご様子での自宅での介護は無理ではないかと思います。つぐみさんが仕事をやめてお父さんちに移り住むことが無理であるように。

ただ、食事が口から取れるのあればなんとかリハビリを重視している病院に移ってリハビリ専門医のいる病院で少しでも体力が戻るといいなぁと思うのですが、今の状態では難しいですか。

Re: タイトルなし

ん~っと ごめんね あんまり介護の知識がないのでなんとも答えようがないのだけど
リハビリはどの位の割合かは知らないけど受けてます
ただ立って歩けるようになるとかではなく これ以上身体が固まらないよう
腕を伸ばしたり背筋を伸ばしたり 肩につかまらせて足の筋肉も衰えないよう先生が病室にきてやってくれます
その成果は入院して3年たってるけど 入ったときと変わりないくらいの動きはできます。

脳梗塞をおこして 即その病院に入ったのじゃなく10年以上前の脳梗塞で少しずつ動けなくなって もちろんその間もリハビリは受けてましたが 膀胱機能が働かなくなりバルーンを付け介護の軸であったばぁちゃんの手におえなくなって病院から勧められた今の病院に転院しました。

介護施設 病院・・いろんな選択肢もあると思います
ただバルーンをつけた状態で受け入れてくれる施設はあまりないようです
あったとしても医療部分においては病院の受診をうけなくてはいけません
リハビリを主流にしている病院は あくまで回復の見込みのある患者しか受け入れないようです
なにより・・これ以上回復する見込みがないと思われる(あくまで現状維持が精一杯)との先生の判断で転院・・転院と追い立てられるところは勧められませんでした
今いるところは病院ですから体調を崩せば医療行為も受けられるし 入院してる期間に制限もありません

病院付のヘルパーさんとの違いがよくわからないけど 病室から病室に走り回ってますよ
おしめかえたりもしてくれるし 食事の介助もしてくれるしとてもハードだと思います
心配してくれてありがと~

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top↑

プロフィール

つぐみ

Author:つぐみ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。