121234567891011121314151617181920212223242526272829303102

date :2011年01月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

意味もなく・・・

まだ確定申告も切羽詰るところまでいってないが
例年に比べて はるかに遅れをとっているのは認識している

私が雑務を終えなければ
まとめ作業に入れないので申し訳ないが・・・・

それでも昨日の日記といい 現実逃避なのか
なんだか ふとくだらないことが頭に浮かぶ

よくある 山の学校
言い方はいろいろなんだろうが
小学校や 中学校で 2泊くらい 山にお泊りなんか
ありませんでした??
飯盒すいさんだの キャンプファイヤーだの
そのために事前に 練習と称して
歌の練習なんかあったりして。。。。。

意外とそんな歌は 普段絶対歌うこともないくせに
いまだに覚えていたりする。

なぜかというと。。。中学校のとき レク係だったのか なんだったのか・・・
当時国語の先生だがかなり年配で
だけど キャンプファイヤーの時のための歌ってのを
おばちゃんながら一生懸命教えてくれた

ちゃんと振り付けなんかあったりして
「わ・た・しぃ~は 猫の子 ねこのこ
 おひげぇ~は ピン ピン ピン ピン

 おひげは ピン おひげは ピン
 おひげは おひげは ピン ピン ピン♪」

( ̄-  ̄ ) ンー 今の子は こんな歌歌わないんだろうな

フォークダンスなんてのも 子供がしたなんて聞いたことないし

まぁ 時代の流れとはそんなもんなんだろう

だって いつつ上の東北出身の方が
修学旅行で青い山脈を みんなで熱唱したと聞いて

ふる。。。。。。。と私ですら思ったくらいだから
10年一昔なんてもう追いつかないだろう

5年違うと とても大きい



スポンサーサイト

むか~し昔?

まだ小学校低学年の頃 夏休みには数日 山のおばぁちゃんちに遊びに行ってた。
(今 草刈に行く 山小屋はその近く)

姉と共に 従兄弟とあそびくれる毎日だったわけだが
一応街の子(名古屋市内在住)として見れば
もちろん新鮮な毎日なわけだが

お手伝いとしてすることは
鳥小屋に 卵を取りに行く
もちろん 産まれたて・・・・
お店で買うような真っ白な卵ではない(-"-;)

ヤギの乳を取りに行く
山道を行くと日影に ひさしのついた箱があり
そこには山羊の乳が入った カルピスの瓶がおいてある

家で飼ってる人がわけてくれるのであろう
(お金は払ってるのかもしれないけど)
カルピスの瓶は ばぁちゃんちのマイ瓶?

山道を下った公民館に新聞を取りに行く
(各家庭までの配達は まだしてなかったようだ)

飲み物は山の上からひいてる冷たいお水
梅酒を薄めたジュース

山道をくだり アイスを買って
三分の一も帰らないうちに なくなって
また暑い山道を登ることも

夜部屋を真っ暗にして
部屋の中に蛍を放したことも

今思えば すごい宝物だ

ボクサー

月曜日にふと見ると・・・・・
こうめの左目があいていない(-"-;)

少しの目やにだが 開けても半分くらい

上の方を見るときに 両目同じ大きさになるが
普通の顔をしてると やっぱり半分

痛がる風もなく 目やにが増えるわけでもなく
様子を見て獣医さんだなぁ~と思ってたが
よくなる感じでもなく ひどくなる感じでもなく
でも目頭が少しずつただれてくるような・・・

普通なら速攻獣医さんなんだけど
あいにく先週末から海外研修でお休みってのを知ってたし

避妊手術をひかえてるのに
他の獣医さんに行くのも どんなもんだ・・・と
二日ほどやり過ごし

食欲はあいかわらず旺盛だし
初日はさすがに感覚が変なのか 動きがにぶかったものの
あとは相変わらずのやんちゃぶりなんで
もう少し様子見とし・・・

木曜日にはさすがに 他の獣医さんに連れて行くかとおもったが
ジッと見ても眼球に傷があるようにも見えないし
にごってるわけでもないし・・・・・

半分まぶたが閉じた状態に近い顔は・・
そう。。戦い終わったボクサーのようで
気の毒ながら 呼び名はボクサーにかわっていた

で やっと本日かかりつけに連れて行ったところ(いちみりが)
眼球異常なし まぶたの裏側に傷があるようだ
そう。。。まさしく戦ったあとの傷
対戦相手はチョコ

だぁね 相変わらず仲良しになれない二人は
どっちもどっち ポカスカ頭を叩きあってる
(チョコは噛み付き技もだすが←反則行為だす)

それでも どちらかが引く。。もしくはタオルが投げられるので
本格的なとっくみあいにはならないし
時間にしたら30秒ほどの対戦時間だ

まぁ なんにしても目薬をもらってきたけど
今まで目をこすることすらしなかったが
傷に目薬がしみるらしく
その後は一生懸命 手でこすってなめている

お願いだから医療費はつかってほしくないヽ( ´ー`)ノフッ

肥満傾向

5月生まれのこうめちゃん
まだ避妊手術がしていないヽ( ´ー`)ノフッ

忙しくてタイミングをのがしたんだけど
かかりつけの獣医さんが一週間お休みなので
休み明けにいかないと・・・

先日その前の検診に連れて行ったら
先生曰く
「この子 もうお腹に肉がついてるねぇ
 手術したら もっと太るから もうカロリー制限食に変えたほうがいいよ」
( ̄◇ ̄;)エッ・・・・・・・・

確かに少し前までは スレンダーだった
すらっとした手足は さすが黒猫はこうだろうみたいな

最近はおなかがポッテリしてきてるとは思ったが
改めて触ると。。。。洋梨体型
理由はもちろんわかっている
ずっと子猫用のかりかりを食べていたが
チョコのご飯を食べたら気に入ったらしく
いつも横取りするから 大人のご飯に変えた

なのに・・・自分の分を食べ
さらにチョコの分も食べてる*o_ _)oバタッ
(チョコは 好きなときに 好きなだけ食べる派)

ダイエット食に少しづつ変え
チョコのご飯を食べられないよう 部屋のドアをなるべく閉め

太った黒猫・・・・・って・・・・・
まぁ それもありなのだろうが
顔はまだちっちゃいので アンバランスヽ( ´ー`)ノフッ

貴重な体験?

この年にして いまだ世間知らずな部分が多い私だが
葬儀関係は経験皆無

もちろん参列は多々あるし
近しい親戚の葬式の手伝いなどもしたことはあるが

両親健在なので
仕切る側の経験もない・・・・・・が

今回 会社のおばぁちゃん(奥さんの母 同居)が亡くなり
近親者が秋田である為もあり
奥さんと一緒に動いたので まぁほとんど身内のような動き方?

入所施設から 具合が悪いの知らせと共に
入所施設 → 病院 →検査 → 結果 →
一旦病院から離れて会社に戻ったものの
様子を聞きに病院に戻ったら ちょうど臨終で一緒に立会い

そこから 葬儀会社 葬儀場 →仮通夜
近親者の皆さんが着いたのはお通夜が終わった後

今の葬祭場は泊まれる一式のついた部屋で
仮通夜 お通夜までできるので
線香の守りをしながら一緒に泊まり
(ひとりじゃ怖いって言うし(-"-;))

でも流れもよくわかり
(おばぁちゃんは好きだったから哀しみはあっても
 そこは第三者なので冷静にみられる部分もあり)
いい経験もできたかも?

まぁそれでも家族葬なので小さなお葬式だったけど
盛大なお葬式とは違った意味で いいお葬式だったと思います。

今はそんなお葬式も増えてるとか

そして思ったのは
いい写真 用意しておかないといけないかも・・・・・・


よかった・・・

夕方叔父の見舞いにいってきた

目をあけ 天井をジーっと見たりするようになったと聞いてたけど
叔母と話してると 今日はだいぶわかってるみたいだ・・と。

目を開け 足元にいる いちみりをジーっと見ようとしたり
「□~ちゃんが来てくれたよ」と叔母が言えば
こちらをじ~っと見たり

叔母とあれこれ話しながら 叔父にも話しかけ
だんだん頭がはっきりしてくるようで
話しかけたりすることに うなずいたり
帰り際には 嬉しそうに笑うまでになった

のどに管がしてあるので声もでないけど
口を動かし 話したそうにしてるし
意識はハッキリ戻ったように見える

もちろんこの先 頭の骨をもどす手術もあるし
脳の一部をとってるから 身体的機能がどこまで戻るか。。は
リハビリ次第もあるだろう

それでも片手は確実に動いてるし
足も無意識かもしれないが動いてる
時間がかかってもいい

今は話せないながらも確実に意思の疎通ができるとわかっただけでも嬉しい

帰り際に
「また来るからね~ 
 しばらくは辛抱だけど わがままいったらだめだよ~」
前となんにもかわらない笑顔で 「わかったわかった」って
言ってるようで 涙がこぼれそうになった
(ここで 泣かない所が可愛げないけど プププッ (*^m^)o==3)

プロフィール

つぐみ

Author:つぐみ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。