071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

category :独り言

  • 2013.03.24(日)
  • 無-8

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分の為に

毎度のことながら、とってもぶりです。

近況報告としましては。。。
3月の末に実家父が永眠いたしました。

最期は娘ふたり、孫3人(半分ですが)、「ありがとう・・」と言うことができました。

まだ実感としてはイマイチですが,少しのんびりと言うか
自分のっやりたいことを、やっていこうかなと考えてます。

↓ 年末に保護しためいちゃんは、無事里親さんが見つかりました。
その後、地域猫の会の猫ちゃんの預かりをしています。

そして、さらに自分で野良猫を保護して
我が家は、今5匹・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして、やっぱり猫のこととして別ブログを作りました。

かりにゃんの幸せさがし

お暇なときにでものぞいてやってください。

こちらも、たまにの近況報告、猫がらみでなことを書いていくつもりです。
スポンサーサイト

溶解

最近は 実家父の様態も安定(?)なのでしょう。

貧血も横ばい状態、酸素も安定していて、起きてるときは返事もできる。
朝と夜、姉が行き、昼間仕事を抜けて、私が顔を出す。
タイミングがあわないと、寝てるだけ~ってのもありますが

ま、安定ということで少し行く回数も減らすかな~(薄情?)
片道1時間、起きてるときはいいけど、寝てたら なにしにきたんだ?って
・・・やっぱり薄情?(笑

容体報告で、マメに姉とメールなんかしてるけど、母の夢を見たって話から
「ばあちゃんは、とてもいい死に方だったよね。」・・・と。

娘ふたり、孫(一部)揃ってて、少しずつ息が浅くなって
苦しむことなく・・・・・

でも、ずっと引っかかってて、それでも言えなかったこと・・・
確かに、医者に今晩は誰かついていた方がいいかもしれませんね、とも言われた。
最期に「水・・」と言われて、私が飲ませた水でむせたこと・・

それがきっかけで・・・という思いをずっと考えてた。
でも、ずっと姉にも言えなかった。
心の中で、もしそれがきっかけになったんだとしても
もったとしても 数日、望む水を飲ませたかった。
自分で自分に言い聞かせてた。

ただ自分のせいかも・・・とは、誰にも言えなかった。

今日、やっと姉言えた。 「私が水を飲ませなかったら・・」

姉は事細かに、あの時の状況、病状、先生の言ったこと
水を飲んでむせたからではなく、静脈瘤からの血流の話と
三口目を望んだ母と、むせたけど満足そうだったこと

もし、あげなかったら、そっちの方が悔やんだと思うよと言われ
やっと自分の中でも納得できたかもしれない。

で、父は・・・・と言うと、もちろん危ないと言われれば駆けつけるわけだし
ずっとついてることはできないけど、顔をだしてるわけだし
もし間に合わなかったとしても、ばぁちゃんが頃合いを見て迎えに来たと思おう。

・・・と、先に姉と納得することにしました(笑

まったりと・・・

まったりと・・・しすぎ・・・
実家父のイマイチ状態が復活はしたものの、この先はと考えると
・・・・・・・いつまでもつか???

唯一 口から食べられるうちは、体力の維持はできる。
の希望も 余程の奇跡がおこらなければ、もう無理のようだ。

数度の輸血と高栄養の点滴、貧血の原因がわからず
止血剤、抗生剤。
呼吸も楽になり 意識もしっかりしてきて
言ってることの理解もできるようになってきたらこそ
どこまでのことを延命治療と言うのだろう??

でも望みとしては、意識があるうちは苦しい思いはさせたくない。
これは、母の時も望んできたことである。

で、今は日中数時間、仕事を抜け病状確認&その時々少しでもできることを・・
姉は仕事前、仕事後寄ってお互いメール報告。

そのしわ寄せで、週に数度は夜も仕事になる。
でも、それほど苦に思わないのは、思いっきりの手抜きと
仕事に助手ができた分緩和できてるからだろうな。

そう思うと、実家母の時はどうやってすごしてきたんだろ???
忙しすぎて記憶にない(笑

で、夜、家にいる時は、ついついまったりと・・なんだけど
今日こそは・・あれしてこれしてなんて思うのに
晩御飯で飲んじゃうといけませんねぇ・・・・

なにもしたくもないし、眠いし。

ま、飲めるのも、病院から緊急で呼ばれることもなさそ~って
安心感からってことで、いいじゃん????

糖質制限食。。それもOK

前回の血液検査で、血糖値が220
空腹時ではない検査だったので、先生もまたそのうち・・
って感じだったけど、友人に糖尿病の子がいたこと、
ちゃんと治療をしてなかった人のその後。。を知っていたこともあって

マズイ・・・・と、まず周りにカミングアウト。
隠すよりは公言するタイプ
お菓子勧められて断るのも悪いし
食事だって残すより、始めから食べられるものを食べたいし
友人の(とても真面目で勉強家で糖尿病を熟知してる)の助言を元に
糖質制限食を実行。

今はそんなダイエットもはやってきてるので
レシピがたくさん手に入るし
糖尿病で実践してる人のブログもたくさんあるし
 
自分なりにも糖質を調べて思ったのは
とれないものもあるけど、いっぱい食べれるじゃん
・・・の結論にたどりついた。

難しいカロリー計算も、糖質何グラムなんて考えるほど
カツカツにできないタイプなので
糖質の高いものをカット
糖質の低い野菜をメインに豆腐、魚、肉食べられるし
アボガド好きだし。。ゴーヤ嫌いだけど、マヨネーズ好きだし
ビールだめでも焼酎OKだし~
程度の食事の仕方で10日きっちりと糖質制限しました。

で、空腹時に再度血液検査で 血糖値120
まだ高いけど、糖尿病でもうひとつ大事な
ヘモグロビンA1cは範囲内だったので
もう少し血糖値を下げて安定させて
糖質制限を少しゆるめにできたらいいなと思います。

40代はなんだかんだいいながら、健康診断でひっかかることなく
自分は意外と健康体~なんて思ってたけど
50代に入ると、なんだかひっかることが多く

先日中学校時代の友人との会話では
みんななにがしひっかかってますね。

長生きしたいと希望するわけではないけど
病気になって家族に迷惑はかけたくないなぁ~ってのもあるしね。

もちろん病気もなく健康体が一番
おかげさまで、そんなにひどくなる前にわかったから
これからの道も自分で管理できる。
(その点、外で仕事する男の人は食事の部分大変でしょうね)

でも、最初の検査前位から、すごくずっと体がだるかったです。

今にして思えば、ここ数年のストレス
不規則な食事時間・・それが原因だったと思います。

家系的に糖尿病はいない
(亡くなる少し前、偏った食事をしてた母が
 軽い糖尿病とは言われました。)
腎臓は弱い。。と思ったことはあるので
よその家に比べたら薄味を心掛けてはいました。

ずっと痩せ型の自分が糖尿病に足をかけるとは
・・・・・びっくらですわ。

そして糖質制限食
糖尿病の人は切実に必要と思いますが
まだ大丈夫・・と思ってる人も
軽め程度でもやってみる価値はありと思います。
今って食品の裏側に カロリー 脂質 糖質って
結構書いてありますので、チェックするのも面白いですよ





歳ですか?

毎日がムシムシですねぇ~

なんとか元気で。。。といいたいところですが
ここ半年・・・次から次に 体調不良といいますか
イマイチ ぱっとしない日々。

それでもやりたいことは、いろいろ。

義父が好きな盆栽、好きな木、花、野菜
それほど広くもないながら管理してた庭。

片付けだせば、たくさんの鉢ものの水やり
空いた植木鉢、土のはいったままのプランター。。なにか芽が出る??

山も斜面下のヒノキが伐採され
今までずっと見えなかった景色が広がり、日があたるようになり
なにより2段下の道からも 敷地全体が見えるようになったため
ある程度はきちんとしておかないと・・・・。

目指せターシャの庭・・・目指せ5年後・・・先は長い

そんな矢先・・・もしかしたら糖尿病???なんて検査結果が。

先生はそれほど大事とは見てないようで
(見た目 それほど太ってもないからか?)
定期的に血液検査すればぁ~って感じだけど

ひっかかったのは2度目
ここんとこ 6キロ増 (お腹周りがすごいです)(隠れメタボ?)

糖尿病先輩より、今のうちにきちんとしないと・・との指令を受け
今 ちまたで言われている 糖質制限をしばらくして
再度血液検査にもちこもうと思っております。

単に歳・・とも思うけど、やはり今までにない疲れとストレスもあり
甘いもの、ご飯。。食べすぎは認めます。

年明けから ものもらい・・・両目
歯痛・・数回の通院はしたけど、虫歯なし。。
(母の葬式から痛み 百か日過ぎたらケロッとなくなった)

やらなくてはいけないことはいっぱいあっても
横目で見て。。スルー 仕事も家事も なにもやる気がしない。

最近 夜中の3時ころ目覚めるチョコ・・
5時に お腹へったぁ~と騒ぐこうめ・・睡眠不足もありで
今日こそは早く寝ようと考えてます・・あ・・茶碗まだ洗ってない。

目指せ 6時間睡眠 頼むぜちょこ!

無-8

廊下で先生の言うことでは・・
「意識があるのも、あと1日か2日だと思いますよ・・」

その先はわからない・・意識がなくなったとしても
なにも口にしなくても、直ぐ亡くなるわけでもない。
ただお腹の動脈瘤がはじければ。。即死につながる

少しでも長い間ついていよう・・と言っても
お互い仕事もあり、時間のやりくりはつけているが
続けて何日も休めるわけではない。

私も仕事が終わってから来て、なんとなく・・って時は
個室だったからソファーで寝て、朝間に合うように仕事に出る
そんな時も何回かあった。
その前も泊まったのと、夕方いちみりが「インフルになった」
連絡が入ったため家に帰るつもりだった。

お兄ちゃんに連絡して、いちみりを頼み泊まることにする。

姉もぎりぎりまでいる事とし、とりあえずご飯を食べよう・・。

薄情かと思われるが、そこまで切迫した状態とも思えず
「少しご飯食べてくるわ。」と言ったところ
手をあげ待てとばかりに。。。「みず~」

はいはい、とベットをあげ吸い飲みで ひとくち、ふたくち・・みくち
少しむせる。

いつもみくち目に少しむせ、咳をする・・数日わかっていたことだけど
もっと飲みたいの要求もいつもの事でみくちまで。。が定番となっていた。

だけど、咳だした。。あと、息が浅くなった。
チューブを使ってもらったが、なにもでるものもなく
食事どころでなく。。。見守った。
そんな時 意識がなくなるかもと姉が呼んだ 姪っ子たちが来た。

みんなでメイメイ声をかけながら、それでも 数値的に悪くなることもなく
息苦しそうな感じながら、目もしっかりしてるので
次の日の仕事のある姪っ子たちを送りがてら、まだの晩御飯の
弁当を買いにでた。

弁当屋で姪っ子に姉から電話「今 どこにいるの?」「弁当屋」
それ以上は何も言わなかったらしいけど、早く帰らないと・・

急いで車を走らせてると再度 電話
「今 どこにいるの?」「○○のへん」ブチッ

こりゃあかん・・・焦って駐車場に止め 走りかけて
車に忘れ物に気づき、姪っ子たちに先にいかせ
一歩出遅れた分、エレベーターは当然上の階にいるわけで
階段をかけあがり部屋につくと・・

「ばぁちゃん、○○きたよ」「ずっと待ってたよ」と・・

「待っててくれた。。ありがとう。
 もういいよ、もう頑張らなくていいよ」
そう声をかけながら 顔にふれ 頭をなで
一分もあっただろうか・・・息をひきとった。

弁当屋に電話があった頃から 息が弱くなり
ずっと姉が 「○○子が戻るまで 逝ったらだめだよ」
「ちゃんと息して、吸ってはいて」
最後には 「口をあぶあぶしなさい」(子供相手の仕事なんで、そんな言葉がでるのであろう)

それでも、言われると母は口をぱくぱくさせた。
鼻からの酸素があったので、そのぱくぱくだけでも
酸素がいっていたのであろう。

まったく、最後の最後まで頑張った母で、最期の最後まで
手間をかけさせる娘であった。

誤嚥から。。なんだという思いはあります
もしお水を飲ませてなかったら。。。(私が飲ませた)

でも、その前から姉と決めていたことは
誤嚥したとしても、飲みたいと言えば飲ませたい。
(どんな形であれ、そんなに長くもたないことはわかってたので)

そして、たぶん(勝手な推測といわれるかもしれませんが)
母が自分でその時を選んだのかもしれない・・と。

姉は励ます意味もあるし、どうしてもはずせない仕事が或る時には
この日はどうしても出ないといけないから、しっかりしてるんだよ。。
なんて声をかけ、母も姉の仕事を理解してたし
(現にその日の午前中は姉が抜けたら大変だったらしく
 通夜に来てくれた人たちが ありがとうございましたと祈らせてもらったと(笑)

そして、姉もいて、私もいて孫たちもいて(全部じゃないけど)
入退院を繰り返しだして,2年弱。

思うように動けなくなってからだと3年・・・位かな。

とても痩せてしまったけど、亡くなってからの顔は
元の色白の母に戻り、とても穏やかな ほんとに眠ってるような
顔に戻りました。

私は一旦家に戻ったので立ち会えませんでしたが
湯かんの時の顔は、ほんとに気持ちよさそうだったと。


昨日忌明け法要まで済ませました。
1月から3月・・・仕事の忙しい時期とも重なり
何がなんだか・・で、あっという間に過ぎました。

それでも、どちらも80年の生きてきた。。その後の整理。
親戚がらみも含め、まだ動かないといけないこともそれぞれあり

。。。ですね。

覚書をこんなところに・・ってのも失礼かと思いますが
自分の気持ちの整理も含めってことですみませんねぇ

プロフィール

つぐみ

Author:つぐみ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。