011234567891011121314151617181920212223242526272829303102

category :うさぎ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まるちゃん

突然に・・・あまりに突然に うさぎのまるちゃん・・
逝ってしまいました

数日前に 庭でぴょんぴょん走ってました
部屋の中もぴょんぴょんしてました

昨日も普通に ご飯も食べて コロコロうんちも普通でした

朝 おはよ~とケージのカバーをめくったら
(冬は寒さ対策で 夜はフリースで覆います)

なんだかぐったりしていました。

抱っこしてみても 普通だったらしばらくしたら自分から腕の中から逃げるのに
後ろ足に全然力も入らず
話しかけても じ~っと見つめてるばかり
獣医さんに連れて行きたかったけど、今日は休めなくて・・・

ずっとフリースにくるんで 動くときも抱っこしたままで・・でも
仕事の時間がきたので、お兄ちゃんに後を頼み
家を出たけど 30分ほどして電話がかかってきた

「まるちゃん だめだった・・」

帰ってから様子を聞いたけど 最期は苦しかったらしく
急に暴れだして ぐったりしてしまった・・と。

看取ったお兄ちゃんもショックだったらしく落ち込んでました
(そんな場面に遭遇したことがないので)

それでも ももちゃんの時は 弱ってきてたのに
まだ大丈夫って思いから 夜のうちにひとりで逝ってしまいました

まるちゃんはお兄ちゃんの腕の中で逝ったので
ひとりじゃなくてよかったな。。って思いたいです。

原因はなにも思い当たらない
ずっと食欲もあって ずっとウンチもいいウンチで
今 歯がのびちゃうので1ヶ月に一回獣医さんにも通ってて
ちゃんとお腹とか看てもらってるのに・・

うちに来てちょうど6年
今は日記に使ってるけど、このブログもまるの為に
立ち上げたものだった。

ジャック・・ももちゃん・・まる
いつも思うことは もっといろいろしてあげればよかった
うちに来て幸せだったんだろうか??

小動物 寿命は短いです

いつかは来る事・・・とはわかっていても
淋しいですね。

うちに来てくれてありがとう
maru4.jpg

スポンサーサイト

わがままぁ~

亡きももちゃんのおうちを頂いたまる
(こっちのが大きい)

小柄なまるにしたら ちょっと広め

ももちゃんほど 懐いてないけど
(まるは ももちゃんを慕ってたので。。。)
呼べば来るし 適度には懐いてる

しかし・・・・・かなりのわがまま(-"-;)

自分の要望があると 茶碗をひっくり返して抗議する。
たとえば・・・・・
朝食の にんじんが遅れたりする
夕食の かりかりが遅かったりする

で そのたびかりかりご飯は みごとすのこの下に落ちるわけで
結構からっぽになってる確率も高いわけで
掃除のたびにもったいないなぁ~なんて
思ってたけど
昨日いちみりから 衝撃的写真が送られてきた。

11291
なにを思ってか・・・
茶碗をわざわざ傾けて ご飯を食べている(6 ̄  ̄)ポリポリ

その向こうで 不思議な顔で見つめるチョコ

変なうさぎヽ( ´ー`)ノフッ

ハンドルネーム

俗に言う HN・・・・・・・
ネット生活を始めた頃は まだ他所様を見るだけで
(その頃は ハンドメイドがメインでしたが)

どうしても BBSにカキコミがしたくて
( ̄-  ̄ ) ンー と 考えたHNが 【ももママ】
あとで もっとネットの世界が広がったときに
なんて多いHNなんだ。。。とも思いましたが(;^_^A アセアセ・・・

2002年 ももが来て しばらくした頃で
近所のおこちゃまに ももちゃんのママ と呼ばれてたのが懐かしい。

それから 全然違う場では 違うHNで
HPも閉鎖 お引越しも兼ね 今のつぐみにおさまってるけど

初期の頃からのお友達は
ももママと 呼ぶ人と つぐみに変えてもらった人と
どちらで呼ばれても σ(・_・)なんで なんの違和感もありません。
(変えていただいた人には 慣れるまで申し訳ありませんでしたが
 (6 ̄  ̄)ポリポリ  

もものいない生活は・・・
小屋をひとつにしたので リビングが少し広くなったのと
朝のお世話が まるだけになったので
水変え トイレ掃除が 一回の往復で済むようになっただけで
大した変わりもなく
【おはよぉ~】とか【にんじんだよぉ~】の声かけに
たまにまるに向かって ももちゃんと呼んだりするぐらいで

あまりに普通に時間が 流れて・・
それが当たり前なのかもしれないけど
忘れることは決してないけど・・・そんな自分が ちょっと薄情もののようで
呆れちゃったりして(6 ̄  ̄)ポリポリ

それでも ネット上にあげるつもりもないけど
毛布にくるまれた最期のももを見て
現実にいないのはわかっていても
やっぱり寝てるようにしか見えない・・・・・・・・

永眠・・(ノ_-。)

朝起きて カーテンを開け
ももにおはよう。。と声をかけたけど。。。。

いつもと同じに べったりお腹をつけて寝てるけど
動かなかった(T△T)

そっとゆすってみたけど 足のほうは少し固まってて
先生の言った おなかのしこりも関係あるのかは
わからないけど 7歳と10ヶ月。。。たぶん老衰かな。。。

ほんとに眠ったままって感じで
心臓のあたりも マッサージしてみたけど
耳がもう白くなってて  (普通は毛細血管があるからうっすら赤い)
やっぱり もうだめなんだな。。。と 納得しました。

夕方 市のペットを火葬するところにもっていったけど
朝は一旦 全身硬くなってたのに お昼に戻って抱っこしたときには
普通にぐったり力の抜けたももちゃんで・・・

夕方送り出すときも柔らかいままで・・・・
死んだなんて思えなくて 何度も撫でたり 話しかけたりしたけど
口元だけはどうやっても動かないから 諦めました。

ペット斎園というのも 最近は数も増えてきてるから
どうしよう。。って 考えたけど
ジャックの時は あまりの急展開で そんなことも思いつかず
市の斎園に連れて行ったので ももちゃんも同じにすることにしました。

まぁ・・・大泣きはしてしまいましたが
親ばかと思うけど 賢くて 穏やかで いい子だった ももが
こんなに長い間一緒にいられたこと

食事をとらなくなって まだ日も浅く 
ここ2日ほどだって じっとしてる時間が いつもより長いだけで
特別動けないほどぐったりしてたわけでもない

あまり苦しい思いを長くすることもなく 逝けたこと

よかったね ももちゃん・・・ありがとうmomo6

うさぎの強制給餌②

前に まるの時にも書いたので
今回は ②ってことで。

にんじんのすりおろしも 少し口をつけるだけ・・
水の飲みも悪くて 飲んだり食べたりもしたくない
って 感じでもう4日くらいか(-"-;)

当然 おしっこも ウンチもでないし
獣医さんでもらった 毛玉落しの薬も
前は口の上にチョンとのせると舐めてたけど
今回はそれも嫌がる

とりあえずは パイナップルジュース
で 腸が動き出せば どろどろの流動食を目指して
シリンジにて飲ませる

ここでのパイナップルジュースは当然のことだが
生のパイナップルを搾ってあげるんだけど
作り置きもしなくないので 一度ずつ搾る

大量にはいらないので お茶パック(不織布の袋)に
2カットくらいいれて 手でぎゅ~と握り締め搾る

0802
おとなしいももだけど 横だっこでは嫌がり この体制で。。
左手で軽く腕をおさえてるけど それほど暴れない
ただ 最初の一口 異物が口に触るって やっぱり嫌だよね。
それが 甘いジュースとわかると その後はチュクチュク飲んでくれます。

もものペースにあわせて シリンジを調整してるけどね。

maru
まるの場合はこんな感じでしてました
暴れまくれなんで(6 ̄  ̄)ポリポリ

人間でも動物でも 生きてる限りの基本は 食べて。。。だす。

そして 今日 じじの病院に行ってババに頼まれ 
薄めの珈琲を飲ませる
膀胱がだめな分 いっぱいの水分をとって ちゃんとおしっこを出さないと
また腎機能が落ちてしまう。
ヘルパーさんが 麦茶を飲むように(ストロー付きのペットボトルが置いてある)
声をかけてくれるけど 珈琲のが好きだし 利尿作用もあるから

しかし 少し時間がずれた為に いつもは車椅子に座ってるのがベットに寝てる
( ̄-  ̄ ) ンー お腹のところで ゆるく固定されてるため
寝たまま飲むっていうから 少し補助しながら飲ませたけど

(・-・)・・・ん?・・・・ ももと一緒ジャン

飲んでだす 食べてだす・・ジジもももちゃんも 頑張りましょう~♪
ちなみに ジジはうさぎ年だったなぁ~と
心の中で ひっそり笑ったヽ( ´ー`)ノフッ

よみがえる恐怖・・・

少し前に 元気・・と書いたばかりの ももちゃん
二日ほど前から ピタッとご飯を食べなくなった。

不正咬合から食べられるものも限られるけど
にんじんのすりおろしを食べるようになってから
ずっと快調だったのに(-"-;)

最近の湿気の暑さも 日中はクーラーを弱めにかけてるし
うさぎの平均寿命も イマイチわからないけど
老年にはなっているけど まだまだだと思ってるし・・

でも早めの対処を考え 獣医さんへ
σ(・_・)的には 食欲さえ盛り返せば大丈夫と思ってるので
レントゲンだの なんだのじゃなく 毛玉落しの薬と
整腸剤でも。。なんて 行ったら 先生が
 (・-・)・・・ん? (・-・)・・・ん?( ̄-  ̄ ) ンー「なんかある!」
・・って 「せんせ~ 変なこと言わないでよぉ~~~ 」

表皮の下に しこりがある場所が 2箇所あるのは知ってる
今回は 内臓で ここに この堅さのものがあるのはぁぁ~~なんだろう??
って 。。゛(ノ><)ノ ヒィ

ももの高齢は 先生の方がずっと敏感になってて
この年で 開腹はしたくないよなぁ~って
σ(・_・)も お願いしたくないし

とりあえず 食欲が盛り返して それでも まだそのしこりがあったら
(単に 盲腸とか 食べないから・・←これはないらしいけど)
考えるってことで逃げ帰ってきました。

ジャックを亡くしたときも 始まりはそんな感じだったし
あくまで高齢の小動物
お腹を切るリスクは さらに高いとしか思えない

先生と話してるうちに 同じような会話をしたことを思い出し
話す声も 震えてくるのが自分でもわかったし
先生も気がついていたと思うし・・

うさぎの寿命。。ハッキリしない部分もあるけど
8年目のももちゃん 確実に老年に入ってます。

とりあえず。。。食べられるようにならないとね
頑張ります(* ̄0 ̄)/ オゥッ!!

余談ですが チョコの糸食い事件を報告
「一晩待って こちらにとも思ったけど。。。」の 言葉に

「糸はほんとに怖いから そこで診てもらってよかった
 うちのことは気にしなくていいんだよ」って 言ってもらって
ホッとしたのと やっぱ糸は怖いと再認識(-"-;)

お裁縫するのが怖くなっちゃう。。゛(ノ><)ノ ヒィ
↑ってほと 最近してないけどぉ~~~/span>

プロフィール

つぐみ

Author:つぐみ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。